おうち収入アドバイザー®友野雅代 オフィシャルホームページ Now Loading...

おうち収入アドバイザー® 友野雅代のオフィシャルウェブサイトです。「わたしらしい両立を」をコンセプトに子育て、家庭との両立の仕方の情報提供をしています。

ブログ

大切なのは「じぶんの幸せ」が何か、知っていること。

2018年11月7日

わたしのいう「わたしらしい両立」は人の数だけ違います。

大切なのは、「どんな状態が自分の幸せか知っていること」。

あなたはこのメキシコの漁師のお話、どう感じますか?

 
ネットではわりと有名なメキシコ人の漁師の話です。

****

メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。その魚はなんとも活きがいい。

それを見たアメリカ人旅行者は 「素晴しい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」 と尋ねた。

すると漁師は 「そんなに長い時間じゃないよ」 と答えた。

旅行者が 「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」と言うと、

漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。

 

「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」 と旅行者が聞くと、漁師はこう答えた。

「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。

戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタ(昼寝)して。

夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって… ああ、これでもう一日終わりだね」
 

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。

「ハーバードでMBAを取得した人間として、君にアドバイスしよう。

いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。それであまった魚は売る。

お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。
 

その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。

そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。

その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキシコシティに引っ越し、ロサンゼルス、

ニューヨークへと進出していくだろう。きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」
 

漁師は尋ねた。 「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」

「20年、いやおそらく25年でそこまでいくね」「それからどうなるの」

「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」 と旅行者はにんまりと笑い、

「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」「それで・・・?」

 
「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て

日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら

友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。どうだい。素晴しいだろう」

***
 
大事なのは、「じぶんの幸せが何か知っていること」。

わたしはこの話を見て、だから金儲けなんてしなくていい、とは思いません。
 

1日の過ごし方は同じでも、将来病気になった時にかけられるお金も名医に会えるコネも違います。

また、自分が20-25年かけてやってきたことで得る経験も違うし、

遊びに来てくれる人も人間関係も違うでしょう。

漁船団を作りたかったら作ればいいし、今が幸せならそれもありです。

 
それに、多くの方はこの両者どちらでもなくて、中間にいる人がほとんどでしょう。

たとえ話として両極端なその日が暮らせればそれでいい人と上場を狙う人を用いていますが、

だいたいの人は白でも黒でもなく、グレーです。

それも色も白や黒だけではなくカラフルな赤やオレンジ、青、緑、金銀のグラデーション。

 
価値観や働き方が多様化しているからこそ、好きなライフスタイルを選びたいなと思います。

本日もお付き合いありがとうございました。

Loading...

各種SNSを利用しての情報発信もしています。
フォローやメッセージもお気軽にどうぞ。

Twiiter Facebook YouTube Ameblo LINE

おうち収入アドバイザー®へのお問い合わせは
下記お問い合わせページからお願い致します。

お問い合わせ