おうち収入アドバイザー®友野雅代 オフィシャルホームページ Now Loading...

おうち収入アドバイザー® 友野雅代のオフィシャルウェブサイトです。「わたしらしい両立を」をコンセプトに子育て、家庭との両立の仕方の情報提供をしています。

ブログ

それでもまだ、現実にフタをしますか?

子どもが小学生になり、習い事の話もよく出るようになりました。

塾代に家のローン、奨学金に仕送りの話。お金はこれからいろいろとかかります。

 
実はわたし、「なんでだろう、なんでだろう」といつも思っている事があります。
 
人には人の価値観や優先順位があるし、だから直接言わないけれど、

なんでみんな、そんなにお金を使うの!!!????
 

正直に書きますと、「身の丈に合っていない」お買い物が多いと感じます。
 
将来は大事。もちろん今も大事。

でもね、このままだとどう考えても大多数の人がゆるやかに生活困窮の坂を下ります。

 
今だってカツカツだよ!という方もいるかもしれません。でも、

今、収入(手取り)の7割で生活できていないと、かなりまずいです。

ボーナスのあるなし、季節で変動、いろいろあると思いますが、

年平均収入の7割が年間の生活費、1割が娯楽、1割が貯蓄、1割が自己成長や投資

とわたしは考えます。(借金があるのなら6割で生活、1割が返済となります)

 
カツカツだったのが少し余裕ができて、習い事やマイホーム、 

仕事頑張った分娯楽に、そう使っていると10年後20年後そして30年後40年後、、

どんな姿が想像できますか?
 
本当に、何とかなりますか?

みんなそうだし?・・じゃぁみんな40年後幸せにやっていそうですか?
 
 
だから時代は投資よ!!不労収入を!!とはいいません。

それは家計がまっとうになってからの話です。

ものごとには順序があります。

「カツカツ」が基準の人はいくら収入が増えても減っても「カツカツ」です。

もうお金の設定がそうだから。

 
お金持ちはなんでお金があるかって「入ってくる額より使う額の方が少ないから」

ずっとお金持ちなんです。

当たり前のことをちょっと0が多くやっているだけです。
 
 
宝くじで幸せになれる人が少数なように、金融リテラシーが身に付いていなければ

大きなお金が降ってくることはときに災いにもなります。
 
もし、収入の7割で生活できていないのならそれは

「身の丈に合っていない買い物をしている」可能性が高いです。

 
特に車や家という大きな買い物は人生を彩る反面困難になることもあります。

「これは必要経費」と思っているものを削るのは困難ですが、その思い込みをまず疑うこと。
 
本当に必要なのかは、しっかり知ってから決めること。

 
奨学金ていくら必要?
 
平均いくら借りてて何年で完済してるの?

平均返済金額は324万円、完済予定期間は約18年とも言われています。

ネットを観ればある程度の事は分かります。(情報操作も承知の上ですが)
 
子供は奨学金を理解している?

そもそも借りる理由はなに?借りないとどうなるの?

どんなリターンとリスクがある? 
 
 
塾に行くのはなんのため?子どもはその親のゴールを知っているの?

子どものゴールはなに?行かなかったらどうなるの?
 

マイホームはなんのため?建てないとどうなるの?
 
ローンはいくら必要?それは総額いくら?いつまで返すの?

リターンとリスクは?優先順位は合ってる?
 

わたしはお金のプロではありません。

それでもじぶんの将来や子どもの未来にとってより良い人生を歩めるよう、

日々学んだり出会う人を変えて来ました。実践もしました。
 

まだ人生の正解は分かりません。

65歳で多額の借金を背負って暗い顔をしているかもしれません。

夫婦で旅行に行ったり畑をしたり、縁側で友人とお茶を飲んだり楽しく過ごしているかもしれません。

誰だって、明日の事も分からない。
 

それでも、FPさんに時々あってわたしの思っている事を伝えると、FPさんと意見が一致していることが多いです。

それだけプロの視点に近づいてきました。

だからこそ、残念です。

「あぁ、このままじゃみんなヤバいのに、なんで気付かないんだろう?」

というわたしの感覚は間違っていないのだと思い知らされるから。
 

「そんなこと言ってもムリ」「あなたは7割以下で生活できるだけあるからでしょ?」

と思うならそれもアリです。

 
「本当に何とかしよう」というたった一人の人がよりよい人生を

描けるきっかけになればそれでいい。

じぶんの家計の真実を知りたいならFPさんに相談してください。

ネットには情報がたくさんありますから、学ぶのもありです。
 

大丈夫。

すぐに上手くいかなくても、成果が出なくても、

「なぜかこうなってしまった」と言い続ける人と未来は全く別の物になっているはずです。

本日もお付き合いありがとうございました。

Loading...

各種SNSを利用しての情報発信もしています。
フォローやメッセージもお気軽にどうぞ。

Twiiter Facebook YouTube Ameblo LINE

おうち収入アドバイザー®へのお問い合わせは
下記お問い合わせページからお願い致します。

お問い合わせ